「警察官採用」「入試」「資格」過去問+アルファ

入試、資格、公務員採用試験の話

大学受験英語の勉強方法(偏差値60前後を目指すブログ)

 

大学受験で合格するための英語の勉強方法を書きます。

 

一応、偏差値60前後いくような勉強法です。

志望校合格と偏差値は少し違ってますが…

(65以上目指す方は予備校か他のサイト見てください)

 

 

 

とりあえず勉強法を

 

①まず単語熟語のまる覚え。

単語帳、熟語の本は何でもいいです。

強いて言えば1700以上の単語帳の方かがいいですね。熟語は単語帳の付属でも一冊でもどちらでもいいです。あとで文法問題を解くときに出てきますから、そこで覚えれば。

 

一回目、二回目は前から。

三回目は後ろから

四回目は覚えてない単語中心に

これを繰り返します。

 

途中で他の受験生の本が気になりますと思いますが、気にせずで。

どうしても気になる人は、休み時間などの合間に知り合いに単語帳見せてもらって、検索ページをパラっと見て知らない単語だけ自分の単語帳に書き足していけばいいと思います。

 

 

 

 

 

②次に文法ですね。

文法は学校のテキストか、

ネクストステージか即戦ゼミ3でしょうか

これも単語熟語といっしょで、やればやるだけ得点が上がり志望校に近づきますね。

わからない単語熟語は単語熟語本を片手に解いていきましょう。

それでわからない単語が出てきたら、単語本の単語にどこの文法のページで出てて来たかメモっておきましょう。記憶に残りやすくなります。

 

 

 

 

 

③次に長文と行きたいとこですが、もう志望校の過去問に着手しましょう。

試験自体の英語の得点配分

今の実力でどこまで解けるか

今使っているテキストで解けるか

長文の内容

英作文があるかないか

時間配分

 

 

などを研究します。

 

 

 

時間配分は量が多いのかどうか計算しないと大変な目にあいますから、特に英文科。

英語の得点が試験全体の得点割合で大きいのか、他の教科と同じなのか。大きければ英語の勉強時間を増やすべきです。

 

今の実力で解けるか→解ければ後は試験まで体調管理して青春を謳歌しましょう(笑)

 

解けなければ→何が足りないのか

 

単語帳を片手に長文読解

文法の本を片手に文法問題を解く

今使っているテキストでは足りないのか、ただテキストを覚えてないのか研究して。

 

長文の内容は大学によって違いますね。評論か物語か

評論の中でも自然か科学か経済か→何の評論が多いかわかれば、その方向の単語を優先的に覚えた方が効率がいいですから。完璧を目指すのではなく合格です

 

過去問で英作文がでるのなら、構文を覚えその中で単語を入れ替えて書く感じですね。

先生や予備校の人に見てもらいましょう。

 

 

 

過去問が最終合格ライン。

その合格ラインから今の自分の現地点がわかります。

逆に言えば→今の時点から合格ラインまでの最短コースがわかります。

 

だから、なるべく早く過去問を解きましょう。

読解や英作文など足りないと思えば足りない所を予備校に学びに行きましょう。

 

 単熟語、文法と過去問をしっかりやれば60前後は行くと思います。

 

まあ~模試の偏差値より過去問で合格点をとれることを第一に考えて方がいいですね。

60目指すブログという題名なのに(笑)

 

 

過去問やっても長文がわからないという人は

 

 

 ①だけでいいです。②は微妙。 で文の理解をしてから

 

 で読み方を学びます。 これも①だけでいいと思いますが時間やお金があれば②③もやってみてもじゃないですかね。 文の構造と作者の意見をしっかりわかること。 ただ闇雲に読んでいるだけでは伸びません。 最初はゆっくりでいいですから一文一文しっかり読解していき 最後にはわからない単語があっても全体、前後の分から意味を推測できるようになれば かなり得点が安定していきます。 気合で頑張ってください。

 

 

 

 

おまけのリスニング

これは私は私立文系だったので…わかりません。

国公立大学を受験した奴に聞いたことがあります。

対策は毎日リスニングを必ず15~30分する。

長文の音読で解く。音読すれば後ろに戻れないので。

まあ、みんなしていることですね。

早ければ早いほど耳が慣れるので国公立大学目指す人は早い時期に。

 

 

 

 

英単語+文法+長文

 

英単語と文法は覚えるだけ。本が黒くなるくらいがベスト。黒くなるほど点数があがります。

 

 

長文はパラグラフリーディングやスラッシュリーディングとか技術はありますけど→

主語と動詞を見つけて

but    対比。前の分と逆になる(作者の主張など)  プラスがマイナス マイナスがプラスみたいに

 

and   並列。前の分と近い内容になる

 

の接続詞を考えて訳していく感じでやっていくことですね。

 

こんな感じで大丈夫だと思います。

 

 

過去問から離れないこと。

参考書もそんな沢山いらない。一冊をしっかりやること。

できれば、9~10月くらいまでに合格ラインに行きたいですね英語は。

地歴公民、生物地学化学は試験直前まで気合で暗記できますから。

尻に火がついた時の記憶力はすさまじいですからww

 

 

 

とりあえず、言いたいことは書けたと思います。

このブログを閲覧していただきありがとうございました。

皆さんが志望校に合格することを祈ってます。

 

グッバイ。