「警察官採用」「入試」「資格」過去問+アルファ

入試、資格、公務員採用試験の話

県立高校入試

入試についてこれから書いていきたいと思います。

 

これから普通の県立高校の入試の話をしていくにあたって、難関私立高校や難関県立高校を受験する人はこのページは意味ありませんので塾で学んでください。

 

 

では試験対策について

これは当時、学習塾の塾長から聞いた話があります。

中学は義務教育であり

その知識で県立高校が受からなかったりするとまずい問題が出てくる。

だから、一番の基本書は学校でもらう教科書と問題集が大事。

塾で学ぶのは英語や国語の記述などの表現方法。

家ですることは英単語と漢字、リスニング。

記述の得意な人は塾は必要ないと言ってました。

 

確かに、教科書で合格点にいかないことはないですね。

現に高校の授業だけで旧帝国大学に合格する人もいますしね。

 

 

だから、学校でもらった教科書と問題集で県立高校は合格できるということです。

 

ただこれだけでは心配なので

漢字と英単語熟語の単語帳とリスニング対策の本をやってください。

ブックオフやメルカリで安い奴でいいと思います。

そう内容はかわりませんから。

 

それにやってもらいたいのは

過去問です。

受験する県立高校の過去問と滑り止めの高校の過去問

すべて解いてください。

解いて教科書にここが出ました的な線を引いて記憶に残します。

あと合格までに何点必要か、どこが知識が足りないかを確認します。

正直、勉強を始めたときに教科書を片手に過去問と解いて行っていいかもしれません。

そうすれば教科書でどれくらい点が取れるかわかるし、どこがよく聞かれるかわかるので。

英語は単語帳を片手に解いて行けば、この単語帳で大丈夫かマズいのかわかりますから。

 

満点を取る必要はないです。合格ラインを超えればいいのです。

社会と理科は受験前でも気合で得点が伸びますから、最後まであきらめずに。

 

英語はリスニング対策をきちっと。ここは差が出ると思います。

文法の基本問題は正解して、英文は英単語熟語を頭に叩き込んで読解ですね。

 

国語は漢字問題を落とさないように。

長文読解のオススメは、ひと段落事に筆者は何が言いたいのか、小説ならどういう心情なのか下の空白にまとめていくことです。それでこの長文は何が言いたかったかを理解することです。これは大学受験でも使えます。

 

 

数学は前半の簡単の問題を得点にしていき、自分が受ける高校はどこまで得点が必要か計算して戦略を立てます。時間があれば違う県の問題も解きましょう。

 

理科と社会は暗記です。気合で頑張ってください。

やればやるほど点数が上がります。得点源になる可能性があります。

 

 

 

 

進学した高校で人生が変わるということはないと思いますが、将来なにがしたいのか。

行きたい大学、専門学校に進学する人が多い学校に行った方が進学先で知り合いや先輩が多いのでおススメですね。

 

最初は顔を知っている人がいた方が安心しますね。

昔、友達ができないから

ぼっちになり退学する人がかなりいると言う記事を見たので。

 

まあ、私はみた事はなかったですが。

 

それを心配するより

学校の内申点を上げてください。

私が受験したときは13点ぐらい、ひっくり返して合格した人とひっくり返されて落ちた人が塾で一緒でした。

だから内申点は大事です。積極的に授業で手を上げて発言しましょう。

 

 

 

とりあえずこんなもんですかね

 

 

このカテゴリーはここまでです。

閲覧していただきありがとうございました。

 

シーユーアゲインww

 

 

 

広告