「警察官採用」「入試」「資格」過去問+アルファ

入試、資格、公務員採用試験の話

行政書士試験に向けて

行政書士試験向けて

 

有資格者からのアドバイスをもらっているのですが…

宅建試験の一か月後にあるのでハードですね。

 

まあ~行政書士試験は受験料を払えば誰でも受けれますから受験しますけど。

 

科目は

憲法

民法

行政法

会社法

基礎法学

一般知識

ですか。

 

配点は

憲法 択一5問  20点

   多肢1問   8点

 

民法 択一9問  36点

   記述2問  40点

 

行政 択一19問  76点

   多肢2問  16点

   記述1問  20点

 

会社法 択一5問 20点

 

基礎 択一2問   8点

 

一般 択一14問 56点

 

足きりが122点以上(一般知識除く)

一般知識24点以上

 

全体で180点以上

 

補正的措置がなければ6割で合格ですね。

行政書士試験は180点を超えるか超えないかが合否の分かれ目ですね。

他の試験は毎年合格点が変動するのに

行政書士試験は変動なしとは面白い試験ですね。

補正がなければボーダーギリギリの人は試験問題の難易度によって受かったり落ちたりしますね!

少し余裕で受かるぐらいが良さそうですね。

 

 

行政法と民法を中心に得点をとっていく感じですね。

記述も60点あるので7割以上狙いたい。

択一も7割目安かな~。

 

会社法は量の割に問が少ないですが20点あるので、過去問で出てきた知識で取れる問題は取っていく感じで勉強していこうと思います。2~3問あたりを目安に得点したい。

 

憲法と基礎法学は簡単な問題は必ず取っていって難しい問題は運ですね。

 

一般知識は14問中6問合わさないと足切りですね…

これは一番対策が難しいですね。文章問題をとっていって簡単な問題を落とさないようにですね。

合格者からのアドバイスで一般知識はしっかりと

一回、一点足りなくて落ちたらしいですww

4問確実に回答できれば、あとは適当に答えても確率論で6問は超えますね。

4問を答えれるように基本書を読み込んでいきたいです。

 

 

とりあえず一回目の受験は独学でやっていくつもりです。

基本書と過去問を叩き込んで。

ただ、基本書は民法と行政法と会社法がキツイらしいですね。

何がキツイかと言うと

内容は足りないらしいですね。有資格者に聞くと

テキストのページ数の限度があるので、深く書かれてないことがあるらしいです。

特に民法。

会社法は問が少ないので基本書と過去問だけしかしなかった

もしくは

やらない(笑)という強者がいました(笑)

民法と行政法は六法を買うか、司法書士、司法試験のテキストを使ったという意見を聞きました。

 

だから、私は基本書と過去問を中心に

ブックオフで買ったww

記述問題集と司法試験の民法と行政法のテキストを使って試験に臨みたいと思います。

 

 答練は記述の採点の仕方と一般知識の話題を知りたいですが…

宅建試験に行政書士試験の受験料がかかりますから、多分受講しないです。

 

宅建試験勉強といっしょで

一か月に一回更新していきたいので、お時間があるようでしたら閲覧をお待ちしております。

 

 見づらい長文失礼しました。

 

グッバイ。し~ゆ~アゲイン。